人工妊娠中絶について


妊娠したのに様々な理由により出産できない場合、日本の法律(母体保護法)では、指定医による手術を受けて妊娠を中絶することが認められています。
いずれの場合でも体や心に少なからず負担がかかります。パートナーやご家族とよく話し合った上で受診して下さい。

 

当院では妊娠6週から8週6日までの手術を扱っています。
まず超音波にて妊娠週数を確認し、当院でお引き受け出来る週数か判断した後、術前検査と十分な説明を行い、手術が可能な日を決めて予約していただきます。
手術日を決め予約していただきますが、当院の手術日が限られていますので、空きがない場合や手術日当日の妊娠週数によってお断りする場合があります。
あらかじめご了承ください。

 

★まず受診されて、超音波検査で妊娠週数を確認し、子宮筋腫や卵巣嚢腫、子宮内膜症、子宮奇形の有無をチェックすることをおすすめします。

 

★妊娠中絶に関する費用は全額自費診療となります。何か不調があった場合の診療やご本人様確認をする身分証として保険証をご持参下さい。